クラシアンのトイレリフォーム

クラシアンで行うことができるリフォームの内容として、最初にトイレのリフォームについて紹介します。クラシアンでは主に便座の交換と言う形でリフォームを行うことができるようになっています。それでは、実際にクラシアンでトイレの交換リフォームを行った場合、どのようなメリットを期待することができるのでしょうか。

クラシアンではリフォームの際に使用する便座として、「節水トイレ」というものを推奨しています。これはその名前の通り、利用の際に必要となる水の量が少ないのが特徴のトイレとなっています。トイレは日々利用するものであるため、出来るだけ一回に使われる水の量を減らすことが節水につながります。少ない水の量でも十分な洗浄力を発揮することができるようなテクノロジーが使われているトイレが、クラシアンのトイレリフォームの際に採用されるようになっています。

利用されるトイレの種類によっても勿論違いがありますが、一般的なトイレにおける一回あたりの水の消費量が13リットル前後であるのに対して、節水トイレの場合に消費される水の量は5リットル弱と、目に見えて利用される水の量が少なくなります。水道代への反映もわかりやすく効果が実感できるリフォームとなります。